History of Balerung

Balerung Mandera Srinertya Waditra was established as a place for Balinese artists to practice and perform music and dance, particularly the musicians and dancers from the village of Peliatan, with the aim of preserving the classical music and dance of the Peliatan area and further developing Balinese dance and music generally

Before that, most activities related to the preservation and development of dance and music had been concentrated at Puri Kaleran, Peliatan, where various music and dance groups had been established by the late Anak Agung Gede Mandera for the purpose of preserving and developing the Peliatan style of music and dance.

Over the years, activities related to music and dance increased in Peliatan, and various music and dance groups were formed, beginning with the founding of Sekaa Gong Gunung Sari in 1926. Later other groups were formed, including Tirta Sari (1978), Padma Nara Swara and Mekar Sari (1986), and Genta Bhuana Sari(1992). In fact, even now, many young children of elementary school age are still keen to learn classical Balinese dance and music as well as new creations.

Realizing that a special venue was needed with appropriate facilities to support activities related to this desire to preserve and develop the classical music and dance of Peliata, Balerung Mandera Srinertya Waditra was established by A. A. Gede Oka Dalem (one of Agung Mandera’s sons) on an area of land in Banjar Teruna, Peliatan, not far from Puri Kaleran, in the year 2000.

This building was called Balerung Mandera Srinertya Waditra, which has the following meaning:

Balerung: a large building/hall
Mandera: Anak Agung Gede Mandera, a famous musician and choreographer who constituted one of the founders of the Gong Kebyar style of music and dance in Peliatan in 1926-27. This style of music and dance has continued to be developed and passed on to the youngest generation since that time up until the present.
Srinertya: dance
Waditra: gamelan music

From an architectural perspective, Balerung was contructed as a venue for performing Balinese music and dance, and the auditorium has been designed in typical Balinese style, following the Tri Hita Kartanaconcept, which is characterized by the existence of the following features:

  • Head (roof)
  • Body (pillars / columns)
  • Feet (foundations)

Balerung Mandera Srinertya Waditra was established with the following goals and purposes:

  • to preserve the special dance and music style of Peliatan
  • as a venue for teaching the classical music and dance of Peliatan to the younger generation
  • to produce new dancers and musicians to continue the practice of performing traditional music and dance works for religious and traditional ceremonies as well as social and commercial purposes
  • to create new works of music and dance that satisfy popular taste
  • to preserve music and dance works that are in danger of disappearing such as the distinctive Legong style of Peliatan and the village’s classical Pelegongan

Traditional Balinese Architecture
Balerung Mandera Srinertya Waditra was designed by A. A. Gede Oka Dalem, who is an architect, dancer, and choreographer, based on the concept of Tri Mandala, which allocates the function of different parts of a building in accordance with the height of the area. (The highest level (utama) is considered holy and is used as a praying area, the medium level (madya) is used for daily activities, and the lowest level (nista) is used for other facilities. The design of Balerung also follows the concept of Tri Hita Karana (head = roof, body = pillars, and feet = foundations).

A Sacred Place (Padmasana)
A holy temple on the river. This natural spring provides holy water for religious ceremonies.
The daily activities of Balerung take place here. Note the traditional thatched roofs, which are characteristic of Balinese architecture.
Kori (The Main Entrance to Balerung)
A Carved Door of one of the rooms in Balerung
Statue of Ganesha
A Place for Relaxing – one of the places to relax or have an informal meeting in Balerung.
Bale Bengong (Gazebo) – another place to relax and enjoy the view
Decorations – A fish pond is located at one corner of the entrance to Balerung’s auditorium
Statue of a Baris dancer located near the entrance to the auditorium
Statue of a Legong dancer located above the fish pond
Wall decorations – One wall of Balerung is adorned with a pattern of carved strone motifs containing ornamental Chinese plates
Balerung is located in the midst of local villagers’ houses and the paddy fields of Banjar Teges Kawan Yangloni

Facilities: Every Sunday from about 9 a.m., many young children, particularly those from the local area, come to Balerung to study dance and rehearse for performances. These dances include both classical Balinese dances in the traditional Peliatan style and new creations.

Ticket Office: Tickets for both regular and special performances can be purchased from the Balerung ticket office which is located at the entrance to Balerung. CDs, VCDs, and cassettes of the music performed by the Balerung groups and T-shirts picturing the classical Peliatan style of dance are also on sale near the entrance.

Drinks Kiosk: Tea, coffee, and a variety of soft drinks are also available for those who want to enjoy a drink before of after the show.

Staff: Our staff will assist you with anything that you may need during your visit to Balerung.

Lighting Room: Balerung has its own lighting room, which is specially equipped to provide appropriate stage lighting for performances held in the auditorium.

Accommodation: Balerung also provides accommodation for visitors who want to spend part of their vacation in Peliatan. Visitors can experience the village atmosphere first hand and enjoy views of neighboring paddy fields from the terraces of their bungalows.

Facilities include: double bed / hot shower / bath tub / use of guests’ kitchen

From your room, you will be able to hear the soothing sounds of Bali, and maybe you will feel that you have finally found the place that you always dreamed about.
A view of the paddy fields as seen from the terrace of one of our bungalows.

Dance and Music Courses
Lessons are available on request for visitors who wish to study classical, modern dance or music with some of Peliatan’s well known musicians and dancers.

Many tourists are interested in studying Balinese dance and music. Some young dancers fill in time while waiting for a performance to begin.

Balinese Gamelan Music
The gamelan orchestras found in Bali can be divided into three categories:

  1. Old Gamelan – prior to the 15th century
  2. Intermediate Gamelan – 16th to 19th century
  3. New Gamelan – modern times (20th century onwards)

Examples of gamelan ensembles from the second and third groups can be found in Balerung. These include the Semara Pegulingan orchestra and the Gong Gedeorchestra (Intermediate Gamelan) and the Gong Kebyar orchestra and Joged (New Gamelan).

Referece: I Wayan Dibia. 1999. Selayang Pandang Seni pertunjukan Bali. Bandung: Masyarakat Seni Pertunjukan Indonesia.

The Semara Pegulingan orchestra produces a very melodious sound, and as a result, it was frequently used to entertain the Balinese rulers in earlier times. The word Pegulingan means “to sleep” and in keeping with its name, the Semara Pegulingan orchestra was often played at night when the Balinese royal families were preparing to go to bed.

Today, the Semara Pegulingan orchestra is generally used to play instrumental music and to provide musical accompaniment for Balinese dances. In Balerung, the Semara Pegulingan orchestra is played by Tirta Sari gamelan group.

The Semara Pegulingan orchestra in Balerung was made in 1976 by Bapak Pande Gabler, a gong smith from Blahbatuh. This orchestra was commissioned as part of the effort to preserve and develop the classical Balinese Legong dances, especially the classical Pelegongan dances of Peliatan.

Gong Kebyar is a relatively new type of gamelan orchestra. The word kebyar means fast, sudden, and loud, and true to its name, this type of gamelan orchestra produces loud and dynamic music. This type of gamelan is used to play instrumental pieces and to accompany both traditional Balinese dances and new creations.

In Balerung, the Gong Kebyar gamelan ensemble is usually played by Genta Bhuana Sari and Mekar Sari. In addition, this Gamelan orchestra is also sometimes played by young children, particularly those from the village of Peliatan. These children are taught to play the Gong Kebyar orchestra at Balerung in an effort to pass on the musical heritage of the village to the younger generation.

Like its name, the Gong Gede (Big Gong) has a deep resonant sound. This gamelan orchestra is typically used for playing classical music to accompany religious ceremonies in the temple (Dewa Yadnya) including sacred dances such as Baris Gede, Rejang, Topeng and Pendet.

In Balerung, the Gong Gede orchestra is usually played by Genta Bhuana Sari. It is used to accompany almost all activities related to religious ceremonies in the temple, and is often associated with the concept of ngayah, which means to willingly carry out tasks or activities related to religious ceremonies without hoping for any form of remuneration.

In addition to being played at religious ceremonies, this type of Gamelan orchestra is also sometimes used in collaboration with more modern music such as Marching Band music to create unique musical pieces for specific events.

 

Balerung Mandera Srinertya Waditraは、Peliatan地域の古典音楽とダンスを保存し、 さらにバリニーズダンスを発展させる目的で、バリ島のアーティストが音楽と舞踊、 特にPeliatanの村のミュージシャンとダンサーを練習し、演奏する場所と して設立されましたその前に、ダンスと音楽の保存と発展に関連する活動の大半は、 保存と発展のためにAnak Agung Gede Mandera氏によって様々な音楽舞踊グループが設立された PeliatanのPuri Kaleranに集中していたPeliatanスタイルの音楽と踊り。 長年にわたり、ペリアタンでは音楽や舞踊に関する活動が増加し、 1926年にセカ・ゴング・グヌン・サリを設立し、様々な音楽や舞踊グループが形成されました。 その後、Tirta Sari(1978)、Padma Nara SwaraとMekar Sari(1986年)、 Genta Bhuana Sari(1992年)と同様である。実際、今でも、小学生時代の多くの子供たちは、 古典的なバリのダンスや音楽、そして新しい創造物を学びたいと思っています。 ペリアータの古典音楽と舞踊を保存し発展させるというこの欲求に関連する活動を支援す るための特別な会場が必要であることを認識し、Balerung Mandera Srinertya Waditraは AA Gede Oka Dalem(アグンマンダラの息子の1人)バニャール・テュルナ、ペリアタンの土地は、 2000年にはプリ・カレランから遠く離れていませんでした。 この建物はBalerung Mandera Srinertya Waditraと呼ばれ、以下の意味を持っています: バレルン:大きな建物/ホール マンダラ:アナク・アグン・ギデ・マンダは、有名なミュージシャンで振付家であり、 1926〜27年にペリアアタンでゴング・キバイの音楽と舞踊の創始者の一人を務めた。 このスタイルの音楽と踊りは、その時代から現在まで最年少の世代に引き続き発展し、 伝えられてきました。 スリナツヤ:ダンス Waditra:ガムラン音楽 Balerungは、建築的な視点から、バリの音楽と舞踊を演奏する場として建設され、 オーディトリアムはTri Hita Kartanaconceptに続く典型的なバリ様式で設計されています。 これは次のような特徴があります:     ヘッド(屋根)     身体(柱/柱)     足(基礎

Balerung Mandera Srinertya Waditraは、以下の目標と目的で設立されました。     Peliatanの特別なダンスと音楽スタイルを保存する     Peliatanの古典音楽とダンスを若い世代に教える会場として     新しい舞踊家やミュージシャンを輩出して、伝統的な儀式や社会的、 商業的目的のために伝統的な音楽や舞踊の練習を続けています     人気のある味を満たす音楽と舞踊の新しい作品を制作する     独特のレゴンスタイルのペリアアタンや村の古典的なペルゴンガン(Pelegongan) など、消滅の危機にある音楽や舞踊の作品を保存する 伝統的なバリの建築 Balerung Mandera Srinertya Waditraは、建築家、ダンサー、振付家である A. A. Gede Oka Dalemによって設計されました。Tri Mandalaのコンセプトに基づいて、 建築面積の高さに応じて建物の異なる部分の機能を割り当てます。 (最高レベル(宇馬) は聖なるものとみなされ、祈りのエリアとして使用され、中レベル(madya)は日常活動に使用され、 最低レベル(nista)は他の施設に使用されます。 Tri Hita Karanaの概念(頭=屋根、身体=柱、 足=基礎)。 聖なる場所(Padmasana) 川の聖なる寺院。この自然の泉は宗教的な儀式のために聖水を提供します。 Balerungの毎日の活動はここで行われます。 バリの建築の特徴である伝統的な茅葺き屋根に注目してください。 コリ(バレルンの入り口) バレルンの部屋の一つの彫刻入りドア ガネーシャ像 リラクシングの場 – Balerungでリラックスしたり、非公式会合を開く場所のひとつ。 ベールベンゴン(ガゼボ) – リラックスして景色を楽しむ別の場所 装飾 – 魚の池は、Balerungの講堂の入り口の一角にあります 講堂の入口近くに位置するバリスのダンサーの像 魚の池の上に位置するレゴンダンサーの像 壁装飾 – Balerungの1つの壁に装飾的な中国のプレートを含む彫刻されたストローンモチー フのパターンで装飾されています Balerungは地元の村人の家の中にあり、Banjar Teges Kawan Yangloniの水田

施設:毎週日曜日の午前9時から毎週、多​​くの幼い子供、特に地元の子供たちがバルーランに来て、 ダンスを勉強し、演奏のためにリハーサルをします。これらの踊りには、 伝統的なペリアアン様式の古典的なバリの踊りと新しい創作の両方が含まれます。 チケットオフィス:レギュラーとスペシャルの両方のチケットは、 バレルンの入り口にあるバレルンの発券所から購入できます。 Balerungグループが演奏する音楽のCD、VCD、カセット、 古典的なPeliatanスタイルのダンスを描くTシャツも入り口付近に販売されています。 ドリンクキオスク:ショーの後に飲み物を楽しみたい方には、紅茶、コーヒー、 様々なソフトドリンクをご用意しています。 スタッフ:Balerungを訪問する際に必要なものは、スタッフがお手伝いします。 照明室:Balerungには独自の照明室があり、講堂での演奏に適した舞台照明を用意しています。 宿泊施設:Balerungはまた、Peliatan で休暇の一部を過ごすことを望む訪問者のための宿泊施設を提供しています。 訪問者は村の雰囲気を最初に体験し、 バンガローのテラスから近隣の水田の景色を楽しむことができます。 設備:ダブルベッド/ホットシャワー/バスタブ/ゲスト用キッチンの使用 あなたの部屋からは、バリの心地よい音を聞くことができます。そして、 あなたがいつもあなたが夢見ていた場所をついに見つけたと感じるかもしれません。 私たちのバンガローのテラスから見た水田の風景。 ダンス・ミュージックコース Peliatanの有名なミュージシャンやダンサーと共にクラシック、 モダンダンスや音楽を勉強したい方には、レッスンをご利用いただけます。 多くの観光客がバリの舞踊や音楽を勉強することに興味があります。 いくつかの若いダンサーは、演奏が始まるのを待つ間に時間を埋める。 バリネ・ガムラン音楽 バリで発見されたガムランのオーケストラは3つのカテゴリーに分けられます:     古いガムラン – 15世紀以前     中級ガムラン – 16世紀から19世紀     ニューガムラン – 現代(20世紀以降) 2番目と3番目のグループのガムランアンサンブルの例はBalerungにあります。 Semara Pegulinganオーケストラ、Gong Gedeorchestra(Intermediate Gamelan)、 Gong Kebyarオーケストラ、Joged(New Gamelan)などがあります。 レフェンス:I Wayan Dibia。シーラヤンパンダンセニpertunjukanバリ。バンドン: Masyarakat Seni Pertunjukanインドネシア。

 

Semara Pegulinganオーケストラは非常にメロディアスなサウンドを生み出し、 その結果、以前はバリの支配人を楽しませるために頻繁に使用されていました。 Pegulinganという言葉は「眠る」という意味であり、その名前に倣って、 バリ島の王族が就寝準備をしていた夜、セマラ・ペグリガン・オーケストラが頻繁に演奏されました。 現在、セマラ・ペグリガン(Semara Pegulingan)オーケストラは、 一般的に楽器演奏やバリの踊りのための伴奏を提供するために使用されています。 Balerungでは、Semara PegulinganオーケストラはTirta Sari gamelanグループが演奏します。 BalerungのSemara Pegulinganオーケストラは、1976年にBlahbatuhのゴングスミスである Bapak Pande Gablerによって作られました。このオーケストラは、古典的なバリ・レゴン・ダンス、 特にペリアタンの古典的なペレゴン族の踊りを保存し、発展させる努力の一環として委託されました。 Gong Kebyarは比較的新しいタイプのガムランオーケストラです。 「kebyar」という言葉は、素早く、 突然、そして大声で、その名前に忠実であることを意味します。このタイプのガムランオーケストラは、 大きくてダイナミックな音楽を生み出します。このタイプのガムランは、楽器を演奏し、 伝統的なバリの踊りと新しい創造の両方に付随するために使用されます。 Balerungでは、Gong Kebyarガムランアンサンブルは通常Genta Bhuana Sariと Mekar Sariによって演奏されます。さらに、このガムランオーケストラは、幼い子供、 特にペリアアタンの村の子供たちによって演奏されることもあります。これらの子供たちは、 村の音楽遺産を若い世代に伝える努力のため、バレルンでゴング・キバイ・ オーケストラを演奏するように教えられています。 その名前のように、Gong Gede(ビッグ・ゴング)は深い共鳴音を持っています。 このガムランオーケストラは、典型的には、Baris Gede、Rejang、Topeng、 Pendetなどの神聖なダンスを含む寺院(Dewa Yadnya) での宗教的儀式に伴うクラシック音楽の演奏に使用されます。 Balerungでは、Gong Gedeオーケストラは通常Genta Bhuana Sariによって演奏されます。 それは、寺院での宗教的儀式に関係するほとんど全ての活動に付随しており、 しばしば報酬の形態を望むことなく宗教的儀式に関連する仕事や活動を喜んで実行することを意味する ngayahの概念に関連しています。 このタイプのガムランオーケストラは、宗教的な儀式で演奏されることに加えて、 時にはマーチングバンド音楽などのより現代的な音楽とのコラボレーションで使用され、 特定のイベントのためのユニークな楽曲を作成します。

Get the tickets now or contact your agent.
Our regular performances, starting from 7.30PM every Friday.
Copyright 2019 Balerung Bali. Designed and maintained by baliwebpro.com